【のぞきめ】中高生向けホラー映画 大人が見るには物足りないけど原作は面白い

のぞきめ
三津田信三のホラー小説「のぞきめ」
私は原作も読みましたが、ホラーとミステリーが合体した小説で
ホラーとしての恐怖とミステリーの謎解きが面白い作品でした。

映画版「のぞきめ」

のぞきめ
今回映画化された元AKBの板野友美主演の映画版「のぞきめ」ですが
アイドルが主演の映画は「クロユリ団地」「劇場霊」とあまり評判がよくなく
不安ながら、原作ファンなので見に行ってきましたが・・・

演技は期待せずにハードル下げて

お世辞にも板野友美さんの演技は上手いとは言えません。
私は別にAKBが嫌いでもなく板野友美さんが嫌いなわけではありませんが、脇役くらいが丁度よかったかも・・・

最近は話題作りの為に洋画の吹き替えにプロの声優ではなく芸能人を起用したりして悲しくなりますが
「のぞきめ」もおそらくそっち路線なのでしょう。

演技は期待せずにハードル下げて見た方が、がっかりしなくて済みます。

ストーリーは原作と別物 是非原作読んでください

映画を観るとツッコミどころが多く、もうちょっとどうにかならなかったのかと思う出来でしたが
原作はホラーの中にミステリーが上手く融合して恐さもありつつ
謎解きが気になりグイグイ読ませる展開にページを捲る手が止まりません。

原作未読で気になった人は是非原作を読んでほしいですね。

ホラーと聞くと文字より映像の方が怖そうですが
今回の映画版「のぞきめ」より原作本「のぞきめ」の方が私は怖いと思いました。

安っぽくて興醒めする事が

例えば六武峠の岩です。
まあ原作では大きい岩でしたが映画では小さいところはしょうがないとしても
いかにもセットなあの岩には流石に興醒めします。

「のぞきめ」の見せどころでもある除く目のシーンも
CGなのか作り物なのか分かりませんが、大きい音でビビらせてる感じでしたね。

小中高生向けで大人は満足できないかも

私が見に行った時も中高生ばかりで怖がりながら楽しそうに見ていましたが
正直大人が見るにはちょっと満足はできないですね。

ちょっと前に見た「残穢 住んではいけない部屋」が良かっただけにちょっと残念でした。

SPONSORED LINK

関連記事

映画館の座席

【映画館でマナーの悪い行為】嫌な思いをしない為に人が少ない時を狙って観に行こう!

私は映画館で映画を鑑賞することが好きで週に1回はできるだけ見に行くのですが映画館で映画鑑賞する時に悩

記事を読む

エスコバル/楽園の掟

【エスコバル/楽園の掟】ベニチオ・デル・トロ演じる麻薬王がハマり役の緊張感あふれる犯罪ドラマ

上映館数もあまり多くなく、2週間ほどで終了してしまいそうな映画ですが予告編を見て面白そうだったので鑑

記事を読む

残穢 住んではいけない部屋

【残穢 住んではいけない部屋】ミステリー要素が面白い良質なホラー映画

画像引用元:残穢 住んではいけない部屋 文庫発売当時に購入していた小野不由美さんの「残穢」が映画公

記事を読む

BD

【映画の見方色々】「映画館」「レンタル」「動画配信」「BD&DVD購入」「地上波放送」それぞれの良い所と悪い所

映画を観るには 映画館 レンタル BD&DVD購入 地上波 動画配信サービス い

記事を読む

SPONSORED LINK

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

SPONSORED LINK

Watch Dogs
【Watch Dogs】ハッキングを駆使して戦うステルスアクションゲーム

UBIソフトの「Watch Dogs」をクリアしたので感想を書いていき

男木島
【瀬戸内国際芸術祭2016】大阪から自然豊かな男木島へ日帰りアート巡りの旅

以前から瀬戸内海のどこかの島に行きたいと思っており「豊島」か「女木島」

積読
【積読をしない為には】これ以上積み本を増やさない為にできる事

本好きの人には積読をしている人も多いのではないでしょうか。積読と言うの

球場観戦
【プロ野球観戦】テレビではなく球場で生で見る試合の魅力

野球と言えばちょっと前まで男性が見ているイメージでしたが今ではカープ女

吃音にはうんざりするけど「吃音で良かった」と思える事を無理やり考えてみました

このブログの管理人の私も吃音なのですが吃音だと学校や会社など日常生

→もっと見る

PAGE TOP ↑